働きたくない、会社を辞めたい。という気持ちは誰でも一回は思うことです。

会社でちょっと嫌なことがあって、ほんの一瞬そう感じただけなんてこともあるでしょう。

時に働きたくないという感情は、「甘え」などと言われるときもあります。

しかしながら、甘えなどではなく、むしろそれを放置していると、気づかないうちにとんでもないことになっていた。なんてことになりかねません。

例えば、電通過労死自殺事件のようなケースが有名ですね。決して、他人事ではありません。

特に真面目な性格の人は要注意ですよ。

今回は、この症状が出たら精神的にかなりヤバイ状況に陥っているといったものをお伝えします。

ミスが多い

仕事中、普段よりミスが多くなっているのは精神状態に問題がある場合があります。

今までなら、こんなミスをしなかったのに、急にケアレスミスが増えたなどは、精神状況が悪いことが原因で、集中力が散漫しているがよくあります。

寝つきが悪い

毎日、寝つきが悪い人は、精神的にきている可能性があります。

特に、睡眠薬を飲んでいる人は、もう危ないかもしれません。

常に飲んでいる人は休職するなどして身体を休めるか?仕事環境が合わないのなら退職してしまうのも1つの手です。

食欲がわかない・食欲が半端ではない

普段は食欲があるのに、急に食欲がなくなったという方は、うつかもしれません。

もし、食欲がわかなくなったのなら、何が原因なのか?追求してみましょう。

また、逆パターンもあります。
急に甘いものを異様に食べたくなったり、普段より多く食べる日が続いているのなら、それはうつ症状かもしれません。

好きなことや趣味が楽しくない

いつもは楽しいことも楽しくなくなったり、何も感じなくなる時があります。

まさに無気力というやつですね。睡眠以外に楽しみを見出せなくなります。

この症状が現れると、うつ状態に陥っている可能性があるので、気をつけてください。

「頑張れ」と言われるのがとてもつらい

同僚や上司、友人から「頑張れ~」などと言われることをとてもつらく感じる場合、うつ病になりかけているか?すでにうつ病かもしれませんね。

なぜなら、あなたはすでに頑張っているからです。

頑張っているのに、「頑張れ」と言われるのは誰でも喜ばしく感じるようなものではありませんが、精神的に落ち込んでいる人は特に、「頑張れ」なんて言葉はかけられたくありません。

当てはまる人は、いったん、頑張ることをやめてもいいかもしれませんよ。

常に自己嫌悪に陥っている

「なんで自分はこんなこともできないんだ。」「なんで他の人は出来て、自分は何度も失敗するんだ。」と自己嫌悪に陥っている人は要注意です。

失敗は誰でもありますし、何度もおこなうことで上達することもありますが、向き不向きというものは間違いなく存在するので、出来ないものは仕方ありません。

たまに「そんなこともできないのか?」「もっと努力しろよ」なんていう人がいますが、気にしなくて良いです。

なぜなら、その人とあなたは全く違うからです。
その人にできて、あなたにできないこともあれば、逆もまたしかりです。

とりあえず、あまり自分を責めすぎないようにすることが大切でしょう。

特に、真面目な人は注意してください。

真面目な人は、自己嫌悪に陥りがちです。

さらに、気持ちが落ち込んでいたり、うつ病になりかけている自分に対しても「なんて自分は甘くて弱いんだ。」みたいに考えてしまう傾向にあります。
ですがそういうときこそ、「まあ、仕方ないな。」みたいなノリでリラックスしてみてください。

それにより、自分を責めすぎないですむケースがあります。

会社に行くときに頭痛や吐き気、めまい

これらの症状が出た場合は、もう精神状態がギリギリの可能性があります。

図太い人は、引き続き勤務することができるかもしれませんが、普通の人は要注意です。

何故なら、この状態に陥っているのにも関わらず、勤務し続けた人のほとんどが死にたいと感じるようになってしまっているからです。

自分で何も考えられないほど病んでしまった場合は、無断退職をかましてしまうのも1つの手かもですね。
「いや、そんなことできるわけないだろ。」という人は、退職代行サービスにお願いしてみるのが良いと思います。

何もしたくない・生きるのがつらい

何もしたくないときというのは、精神的に疲れている証拠です。

また、生きるのがつらいといった状態が2週間以上続いている場合は、完全にうつ状態です。

ひどい時は、ベッドから全く体が動かないなんて人もいるでしょう。

会社に行きたくないと感じている場合は、病院でうつ病の診断書をもらって、休職するのも一つの手でしょう。

うつ病は、まだまだ世間に理解してもらいづらい症状ですが、うつ病はれっきとした病気なので、休職や退職の正当な理由として成り立ちます。

ちなみに、うつ病は傷病手当金が出るので、うつ病で休職する際は、必ず証拠として診断書をもらってください。

死について考え始める

死について考え始め出したらいよいよ危ないと思った方がいいでしょう。

例えば、「今、あの線路に飛び降りたら楽になれるな。」だとか、遺書をどのように書くか?などです。

ふと、死について考え始めたとき、さほどそこまでそのつもりではなかったとしても、身体が勝手に動いてしまい、いつの間にか電車にひかれていたなんてこともあるのです。

「常に仕事に行きたくない」と言った状況に陥っている人は、休職するか?もう退職してしまって下さい。

職場や仕事内容に原因がある限り、休職したところで、またうつ病が再発してしまう恐れがあります。
仕事がつらすぎて死について考え始めているくらいなら、いっそのこと辞めてしまって下さい。

自傷行為

主にリスカが有名ですが、他にも自分の手にタバコを押し付けたり壁に頭をぶつけたりと自分の身体を傷つけるような行為を頻繁に行っている場合、うつ病またはメンタルがやられている可能性が濃厚です。

もしそれが会社が原因なら、今すぐ休職するか?もう退職しましょう。

あなたの精神はすでに崩壊寸前です。
めちゃくちゃになってしまう前に、会社から離れてしまって下さい。

 

まとめ

うつによって、過労死や過労自殺までに至らなかったとしても、心身が病むと社会復帰までにとんでもない時間がかかったりするものです。

死のうかなと ふらっと思った時、ほんとうにしんでしまうなんてこともあります。

そこまで追い詰められているのなら、辞めてしまったほうが絶対にいいでしょう。

恐ろしいのが、自分でうつ病の症状に気づくことができない場合があることです。

上記のようなうつ病の症状を放置した結果、トラウマになったり、転職先にも響いたり、過度のストレスにより、精神的にも悪影響を及ぼしたり。
最悪の場合、自殺してしまうケースもあります。

でも、自分で辞める気力すらない。辞めさせてくれる空気ではない。

そんな方は、退職代行サービスを利用することをお勧めします。

自分で直接、会社や上司に連絡を取らなくても、会社を辞めることができるので、使ってみてください。

退職代行サービス「SARABA」

 

⇒SARABAの公式ページ

⇒SARABAを詳しく知る