「退職代行サービスを利用して会社を辞めたい。でも、転職先にバレたら嫌だな。」とお考えになられる方もいらっしゃることでしょう。

ということで今回は、退職代行サービスを利用したことが転職先にバレることはあるのか?そのときの対処法は?などをお伝えします。

バレることは0%ではないが、先ずない

結論から言うと、退職代行を利用したことが転職先にバレる可能性は、0%ではありません。

ただし、ほとんどの場合はバレることは無いですね。

理由は単純。バレようがないのです。

強いて言うなら

・言わなければバレない
・転職先が分からないため
・個人保護法違反になる

などの理由が挙げられます。

言わなければバレない

これは懲戒解雇になった場合も同様ですが、自ら転職先に「退職代行サービスを利用した」と言わなければ、バレることはありません。

懲戒解雇も自ら履歴書に「懲戒解雇された。」と書かない限りはバレませんからね。

転職先が分からないため

あなたが退職代行サービスを利用したことを会社の人間が転職先に伝えようとしても、あなたの転職先が不明だと、告げることは出来ません。

例えば、地方の狭い地域で働いていた李、退職した会社と転職先に知り合いたのなら、退職代行サービスを利用したことがバレるかもしれませんが、そうじゃない限りはバレることはないでしょう。

個人保護法違反になる

例えば前の会社の上司があなたの転職先に「こいつ退職代行サービスを利用しましたよ!」などと告げ口をした場合、その上司は個人保護法違反となってしまいます。

プライバシーの侵害となり、損害賠償を請求することが可能となります。

そもそも、そこまで暇な人はいないと思いますけどね。

バレても理由を言えば問題なし

先ずバレるということ自体が考えられませんが、もし、バレた場合は、退職代行サービスを利用した理由を言えば問題ないです。

例えば、「強引な引き止めにあった」「パワハラが酷かった」「めちゃくちゃブラック企業だった」などですね。

普通に退職代行を利用した理由を言えば、退職代行を利用しざるを得ないようなブラックな会社だったということが伝わるでしょう。

まとめ

以上のように、退職代行サービスを利用したということが転職先にバレるといったことはほぼ無いと思っておいて問題ないでしょう。

また、バレる可能性があるのなら、「パワハラ・セクハラが酷すぎた。」「サービス残業があり、とてもブラックだった」などと本当の理由を言えば全然問題ないと思いますよ。

ブラックな企業は一刻も早く辞めて、新たな人生を歩みましょう。

退職代行サービス「SARABA」

 

⇒SARABAの公式ページ

⇒SARABAを詳しく知る