公務員だと、本当に退職代行サービスを利用できるのか?辞めることができるのか?不安になられる方もいらっしゃることでしょう。

実際、退職代行サービスSARABAさんによると、公務員による退職代行依頼は比較的に少ないそうですね。

とは言っても、職場環境や人間関係などが原因で精神的に追いやられている場合は、たとえ公務員であろうと無理することは禁物です。

今回は公務員でも退職代行を利用して退職できるのか?や注意点をお伝えします。

公務員でも退職代行を利用することは可能

結論から言うと、公務員でも退職代行サービスを利用することは可能です。

参考:退職代行サービス「SARABA」

また、公務員であろうと、退職代行サービス利用による退職率は100%です。

なぜなら、公務員にも職業選択の自由(憲法22条)がありますし、自由に退職できるからです。(民法627条)

周囲がうるさく、しつこく引き留めてくる

公務員となると、普通の会社員と比べてよりいっそう、周囲が退職を引き止めてくるでしょう。

「せっかく公務員になったのに」などと言う風に猛反対されると思います。
特に、親が心配してくることだろうとおもいます。

しかしながら、どれだけ働くことが苦痛なのか?完全に理解しているのは自分だけです。

周りは「公務員=安定」くらいの浅い考えで引き止めてきているだけです。

現に公務員であろうと、パワハラやセクハラは存在しますしね。

他にも重労働に悩まされて身体が悲鳴を上げてしまうなんていうケースもあります。

例えば、誰よりも早く出勤して仕事が終わるときにはすでに23時。
終電で帰るか職場の更衣室で仮眠して始発で帰宅し、お風呂に入って身支度整えて再度出勤なんてケースが公務員であろうとあります。

収入が安定していても、人間関係が悪かったり、労働環境が悪いと心は安定せず、ストレスが溜まる一方です。

また、うつ気味あるいはうつ病になるほど追いやられているのなら、周囲の反応は無視して辞めてしまうのがベターですね。

これってうつ病のサイン?一刻も早く退職した方が良いケースとは!?

「もう働きたくない。」と思った時点で、その仕事は向いてないことが多いので、サクッとあなたがやりたい仕事がある会社へ転職するのがいいでしょう。

周りにバレない?

公務員だと特に気になるのが、退職代行サービスを利用したという事実が周囲にバレることですね。

退職代行サービスを利用したことがバレたくないというのは普通のサラリーマンでも同じことだとは思いますが、公務員ならより一層気になると思います。
先ず1つ目に転職先にバレるかどうか?ですが、これはバレません。

なぜなら、会社の人が勝手に次の転職先に退職代行を利用したことを告げるのは、個人保護法違反に値するからです。
他にも理由があるので、気になる人はこちら↓をご覧ください。

退職代行を利用したことって転職先にバレない!?おすすめの対処法

また、親や婚約者にもバレたくないと言う人は、事前に退職代行業者に「誰にも言わないように伝えてほしい。」報告しておくといいでしょう。

収入は減る

確かに、公務員を辞めると収入が減る可能性は高まりますね。

ただ、それ以上にやりたいことがあったり、独立したいって人は別ですけどね。

とりあえず、退職金がもらえるなら、もらっておきましょう。
退職代行サービスなら、退職時の有給消化や退職金の旨も伝えてくれますよ。

本当に辞めるか?もう一度考える

また、周囲が言うように公務員になるのは容易なことではないので、ちょっと辞めたいからと言って退職してしまうのは惜しいケースもあります。
人間関係が悪いだけで仕事内容は充実しているというのなら、人間関係を変えるだけでうまくいくかもしれません。

例えば、上司から受けたパワハラをメモっておいて、人事部に相談してみたりすれば、上司に対して上から指導が入ったり、異動させられるなどと言ったことはよくあります。手を出されたなどと言ったケースなら、ほぼ確実に対処してもらえるでしょう。

人事部も動いてくれないなら、退職代行サービスを利用してください。

退職代行業者に第三者として退職の旨を伝えてもらうことによって、「そんなに悩んでいたのか。」と感じてもらい、上司の態度を変えさせたり、異動させるなどと対処してもらえるケースがよくあります。

それでも相手が変わる気配がなかったり、もうそのまま辞めてしまいたい場合は、退職代行を利用して辞めるといいでしょう。
公務員だからと言って、しぬほど嫌な思いをしてまで働く必要は一切ありません。

働くことが人生みたいな状況になるとトラウマにもなりますし、極限まで追いやられる前に退職しておくのが良いと思います。

まとめ

公務員でも、退職代行サービスを利用することは可能ですし、退職率は100%です。

公務員だからと言って、仕事を辞められないなんてことはあり得ません。

責任や周囲の期待が大きければ大きいほど辞めづらいかもしれませんが、それらのためにあなたが潰れてしまう必要はありません。

自分で退職の旨を伝えても引き留められるなら、退職代行サービスを利用して辞めてしまうのが良いでしょう。

退職代行サービス「SARABA」

 

⇒SARABAの公式ページ

⇒SARABAを詳しく知る