退職代行サービスは、平均3~10万円の費用がかかります。

「退職代行ってぼったくりじゃないの?」と怪しむ人もいらっしゃることでしょう。

ということで今回は、退職代行業者と弁護士による退職交渉の費用などを比較してみました。

弁護士に退職代行を頼む場合の費用

汐留パートナーズ法律事務所 54,000円
中野駅前総合法律事務所 32,400円(アルバイト)~54,000円(正社員)
センチュリー法律事務所 45,000円(アルバイト)~55,000円(正社員)+10,000円(即日対応を求める場合)
弁護士法人川越みずほ法律会計 30,000円(アルバイト)~50,000円(正社員)

※税別

退職代行に頼む場合の費用

SARABA 30,000円
EXIT 40,000円~50,000円
ニコイチ 60,000円~130,000円+オプション料金
ヤメヨッカ 50,000円~100,000円
RETIRE 20,000~40,000円+10,000円+オプション料金
すっきり 10,000円+(電話代行1回につき)+オプション料金

※税込み

弁護士は追加料金を取るケースあり

弁護士に頼む場合は基本的に日本弁護士連合会報酬等基準に沿った費用が追加料金としてかかります。

退職代行だけで言えば、「報酬金」、「着手金」、「事務手数料」「内容証明郵便作成代」が別途が発生する場合があります。

参考::(旧)日本弁護士連合会報酬等基準

弁護士だと即日対応してもらえない可能性大

弁護士はほぼ1人で運営しているので、即日対応してもらえない可能性大です。

彼らも人間なので、睡眠をとったり、他の業務に忙しくて対応できない時があります。

退職代行業者の場合は、昼の部や夜の部に分けて複数で回しているため、メールや電話、LINEを送れば即対応してもらえます。

「今すぐ辞めたい。」って人は、弁護士だとキツイと思います。

センチュリー法律事務所さんのところでも、+10000円追加払えば即日対応するとありますが、「当日15時までにご入金いただいた場合と、他のお申込みの関係でお受けできない場合があると言った条件付きです。

交渉ごとは弁護士に任せる

退職代行業者は弁護士ではないので、残業代未払いや退職金などのための交渉は行えません。

それらの交渉ごともしてほしいといった方は、弁護士にお願いした方が良いでしょう。

ただ、退職代行業者でも「退職金をくださいと言っていました。」告げることだけは可能です。

交渉までいかずとも、告げれば払う会社のほうが多いので、

退職代行業者に頼む→弁護士に交渉してもらう といった流れでもいいかもしれません。

何故なら、弁護士に未払い系の交渉ごとをしてもらうためには、数十万円以上のお金が必要になるからです。

例えば、未払い残業代の交渉なら、成功報酬として24%~30%(税抜き)が相場です。

退職金に関しても、大体、経済的利益の16%が必要となります。

なので交渉事をしてほしい人は、初めから弁護士に頼むか、自分で言いづらいだけの人は代行に伝えるだけ伝えてもらっておくかにしておきましょう。

ちなみに、退職代行は法律的に心配だという方は、こちらを参考にしてください。

まとめ

以上が、退職代行業者と弁護士の費用の違いや、内容の違いです。

実際に費用を比較してみると、ぼったくりではないどころか?むしろ、弁護士よりも費用が安くなります。

2万円以下で済む弁護士が知り合いに居るならそちらが良いとは思いますが、いない場合は退職代行サービスを利用した方がお得ですね。

ちなみに、汐留パートナーズ法律事務所なら弁護士が直接業務をおこなってくれるので、リーズナブルな価格なうえに交渉ごとまでお願いできるので、交渉ごとを依頼したい方はぜひどうぞ。

退職代行「汐溜パートナーズ法律事務所」の特徴や評判、口コミ、利用方法!