今回は、退職代行SARABAさんからの情報を基に、退職代行を利用してどうなったのか?しっかり退職できたのか?お伝えします。

いざとなったら死ぬ!?

この依頼者さんは、「死ぬよりかはマシ」という気持ちで、退職代行を利用したみたいですね。

また、退職代行を利用しても会社を辞められなかった場合は、「死ぬ」と述べています。

今月までは働いてくれと言われる!

これはよくある話ですが、依頼者さんが会社に「今すぐ辞めたい」と言ったところ、「今月は働いてくれないか?」とマネージャーに止められたみたいですね。

退職代行業者によると、「はい、大丈夫です。」とのこと。
業者に頼めば、即日で辞めることが可能なのですね。

途中まで励まし、最後には「辞めるな」

なんと、今月中だと言っていたのが、最終的には「辞めるな。」と言われたみたいですね。

もちろん、会社側からしても辞めてほしくないものなので、引き止めるとは思います。

しかし、ブラック企業でよくあるのは、いきなり親身になり、励ましてきて、最後のオチの部分で「辞めるな」という常套手段です。

ここで休職してしまったり、ズルズルと続けてしまうと、また退職するタイミングを逃してしまいます。

まだ続けることができる自信があるならまだしも、早く辞めてしまいたいほど追い詰められているのなら、スルーしたほうがいいですね。

それでも辞めれるのが退職代行!?

しかしながら、いかなる引き留めを受けても辞めることができるのが退職代行。

退職代行を依頼して大事なことは1つ。「退職するという強い気持ち」を持つことだと代行業者は述べています。
なので、代行を頼んだのなら、不安にならずに全て任せてみるといいでしょうね。

結果・・・いきなり円満退職に成功!?

なんとこの依頼者さん、円満退職に成功したみたいです。

それも、急に会社側から退職を認めてもらったとのこと。

会社内で辞めさせるかどうか?話し合いがあったのでしょうね。

退職代行を利用するとどうしても会社側に嫌なイメージを与えたり、鬱陶しいなと思われてしまうような感じがしますが、辞めれるどころか?円満退職できるケースもあると言うわけですね。

まとめ

結果的に依頼者さんは見事、退職することが出来ました。
それも、円満退職です。

仕事が嫌だけど、辞めることができなくて死にたいと思っている方は一度、退職代行に相談してみても良いと思います。

ついこの前のニュースでも、上司からの強引な引き留めに合って自殺してしまったアイドルもいるくらいですしね。

大げさだと感じる方はまだ、退職代行を使わなくても、精神的に余裕がある人なのかもしれません。

死ぬほど辞めたいと言う人は、退職代行に相談してみましょう。