「退職代行は甘え」そう思ってらっしゃる人は少なくないでしょうし、実際に私もそうでした!退職することぐらい自分で言えよってね。

そもそもそんなサービス流行るわけないと思っていたくらいです。

何故なら、そこまで追い詰められたことが無いからです。

その反面、退職代行を利用する方は、考えることが出来なくなるほど追い詰められているのです。

一緒に働いている人やその相手の立場にいる人からすれば「なんでそんな追い詰められてるの?」「お前が悪いんだろ。」って思ったりする人もいるでしょうが、本人にしか分からない苦痛はあるのです。

追い詰められてしまう理由

何故、そこまで追い詰められるのか?理由は2つ

・サイコパスレベルの人間を相手(会社や上司)にしている
・寝る暇もないほど働いている

これらですね。

例えば暴言ですね。人を馬鹿にしたり嫌味を言うのが仕事と言わんばかりに暴言を吐く奴っていますからね。あとは上司からの暴力ですね。完全なパワハラです。

そして会社を辞めようとしても、退職願いを目の前で破り捨てたり、自宅に訪問してまで引き留めてくるなどですね。こんなのを相手にしたら、追い詰められて当然でしょう。

また、長時間労働も追い詰められてしまう原因となっています。

上記は1週間の就業時間が60時間以上を超えている雇用者の割合ですが、

・運輸業、郵便業
・教育、学習支援業
・建設業

これらがトップ3となっています。

1週間の就業時間が60時間以上の方は十分注意してください。

最悪の場合は、過労自殺してしまいます。
ちなみに日本の過労自殺の数は5年間に368人です。

ニュースになっていないだけで、これだけの人が亡くなっているわけです。

次に、過労自殺に追い込んだとして有名な事例をピックアップしていきましょう。

電通

先ず、めちゃくちゃ有名なのが電通ですね。

電通自体は大手広告代理店で平均年収1450万円も貰えるのでここに勤めれれば勝ち組になれるという印象がありますが、それ故に厳しく、辞めたいけど辞めれない状況に陥ってしまう人も少なくないのでしょう。

ちなみに、電通過労死事件からの情報では、1日20時間労働なうえに性的見返りまで求められていたそうです。

まあ、部署にもよるでしょうから、電通=ブラックではないのでご了承ください。

アイドル

次にアイドルも自殺が多いですね。

環境が過酷過ぎて、とても辞めれるような状態ではありません。

最近でも、社長のパワハラが原因で自殺した事件がありました。

ただし、この原因は義父や母にあると噂されているので真相は不明です。

アイドルって家庭環境も最悪だったりしますからね・・・。

KDDI

ごく最近では、KDDI。

過労自殺自体は大々的に報じられていませんが、自殺後に労働基準監督署が調べた結果、約6億以上もの残業代未払いが発覚したことが大きくピックアップされました。

労働者が過労自殺してしまうような会社というのは何かあるってことなのでしょうかね。

スバル

この会社もKDDI同様、過労自殺によって労働基準監督署が調べた結果、7億以上の残業代未払いが発覚したそうですね。

KDDIと完全に同じ事例で驚きましたが、残業代未払い多すぎですね。

ちなみに、残業代未払いの請求を行ってくれる退職代行業者も存在するので、参考にしてください。

医師

完全に医師の人手不足による過労死ラインを超えた重労働が原因による過労自殺もあります。

年収的には平均1000万以上を超える医師であっても、働きすぎると頭が混乱して自殺を図ってしまうんです。

医師だけに限らず、過労死ラインは超えないようにしたいですね。

ゴンチャロフ製菓(チョコレート会社)

チョコレートの製造会社でも過労自殺が起きています。

原因はやはり長時間労働と上司のパワハラ。
肉体的にも、精神的にも追い詰められてしまったのでしょう。しかも20代という若さ。

自死に至る約半年前からうつ病を患っていたとあるので、その時からすでに休職するか?もう会社を辞めるべきだったと言えるでしょうけど、追い詰められているときはそんなことを考えれる余裕もありません。

ステーキのくいしんぼ

この会社では、残業を月に200時間させられた20代の男性が過労自殺してしまいました。

社長が毎日働かせており、彼女とのデート中もステーキに使うソースを買いに行かせたみたいですね。

本人は最後の決断の時、「もう少し続ける。」と決心したものの、働きすぎて頭が真っ白になってしまったのでしょう。

まとめ

上記でまとめた過労自殺の事例をこれだけまとめましたが、まだたくさんありますし、全て挙げていたらキリがありません。

つまりですね、日本で過労自殺はもはや日常的に起きていることだと言っても過言ではないのです。

この状況は日本特有のものであり、はっきり言って異常です。

それを考えると、退職代行は決して甘えではありませんし、あって当たり前のサービスと言えます。

むしろ、自殺を考えたり、精神的に混乱して危ない状態に陥る前に退職代行を知れたことはラッキーだと個人的には思いますよ。

逆に、この記事に当てはまるくらい追い詰められている人は要注意です。精神的、肉体的に追い詰められている人は特にですね。

追い詰められている人は、「会社を辞める」「休職する」という選択肢があるということすら頭に浮かばなくなってしまい、結果的に線路に突っ込んだり、首を吊ろうとしてしまうわけです。

もし、まだあなたに働く意欲があるのなら、どうぞ働いてください。

しかし、もし追い詰められてしまう寸前なら、追い詰められる前に退職代行の存在を思い出してください。あなたの命を守る強い味方となるでしょう。

退職代行サービス「SARABA」

「SARABA」は、28000円ポッキリで依頼することが出来る退職代行サービスです。

公式ページからLINE、もしくは電話・メールで連絡すれば即対応してもらえます。

他にも

・全額返金保証付き
・有給休暇消化の連絡
・行政書士が電話対応
・24時間年中無休

などの強みがあります。

退職代行サービスを利用したい方は、「SARABA」にお願いしてみましょう。

 

⇒SARABAの公式ページ

⇒SARABAを詳しく知る