老人ホームなどの介護施設で働いている介護職(介護福祉士)の方でも退職代行を利用することは可能です。

介護職は、退職代行を利用する人の中でもトップクラスに多い職業です。
何故、そうなってしまうのでしょうか?

今回は、介護職員の人たちがどのように退職代行を利用するまでに至るのか?お伝えします。

賃金が安い

この記事にもありますが、介護職は比較的低賃金な職業です。

ボーナスや残業代をカット。小さなところで言えば、送迎でかかる駐車代を取られるなどということも起き得てしまう会社もあります。

しかも、人の命を預かるという大事な役割をさせられている割に給料安いと言うのが、辞めたいと感じる理由の1つになっているみたいですね。

このような状況は、自分だけではなく、他の社員や上司までストレスフルな状態になってしまいます。

結果、上司による暴言などのパワハラ、同僚からの嫌がらせに発展し、「負のループ」が巻き起こるのです。

人手不足による重労働

介護職は、低賃金なうえに人手不足という問題点もあります。

その人手不足を引き起こしているのは「低賃金」なんですよね。

低賃金になってしまう理由は、

・重労働
・人材、広告などの仲介業に賃金が流れている

これらです。

このような理由で引き起こされる低賃金化が結果的に人手不足にまで陥ります。

人手不足により、本来、朝番、日勤、準遅番、遅番と分けておこなうはずの業務を自分一人で行わされるという過酷な状況を強いられてしまうことがあります。

自分の身体に支障があり、1日中働くことが出来なくても「あなただけを特別扱いすることは出来ない。」などと言われ、毎日のように働かされてしまいます。

結果、自分の身体にヒビが入り、心身ともにやられてしまうというわけですね。

また、人手不足は管理体制もめちゃくちゃなことが多く、会社のルールも全然決まっておらず、労働者にとってストレスを感じる環境になってしまいがちです。

なので介護職=ブラックと言っても過言ではない状況なのです。

よっぽど、介護に向いていないと、ずっと働く気にはなれないでしょう。

介護事故を起こしそう

自分には向いておらず、「いずれ介護事故を起こしてしまうのではなかろうか。」と不安に駆り立てられる人は少なくありません。

さらにその焦りが失敗を引き起こし、とんでもないアクシデントに発展してしまうこともあるようです。

そのような不安が家にいるときも、休みの時も、働いているときも常に心の中にあることが辞めたいと思うきっかけとなるようです。

また、介護職自体は得意なものの、自分の身体がもうついていけず、身体的に限界を感じている人も少なくないようです。

入社前に言われた内容と違う

介護職のみならず、入社前に掲載されていた内容と全く異なるケースはあります。

介護職なら例えば、勤務時間や賃金の関係、会社のルールが違うと言うことが多いです。

このようなことが起きる理由は、その会社がブラック企業だからとしか言いようがないですね。

介護職は特に、先ほど言ったように低賃金かつ人手不足なので、嘘をついてでも雇おうと必死なのです。

キャリアアップ

介護職ではキャリアアップを理由に退職をしたい人は大勢います。

何故なら、介護事業所ではキャリアップする仕組みがほとんど構築されていないからです。

毎日、同じような仕事では、やりがいを感じないですし、成長しませんよね。

なので、キャリアップを理由に退職をする前向きな人もたくさんいるのですが、ブラックな会社では、「キャリアップ」という理由では簡単に辞めさせてくれません。

その理由はやはり、「人手不足」なのでしょう。
ですから、キャリアアップという前向きな退職理由で退職代行を利用する方も結構多いのです。

まとめ

以上が介護職の方が辞めたい、退職代行を利用しよう と感じる理由でした。

介護職は退職代行を利用する人が断トツで多い職業ですし、「もう、無理だ。」とお考えの人は、壊れてしまう前に利用してください。

どの職業でもそうですが、「自分には向いていないな・・・。」だとか、「職場の人間関係が悪すぎる。」「環境に馴染めない。」と感じたときがやめどきですね。

特に介護は人手不足なところもあり、過度な引き止めをされてしまうことも多いようです。

そこで罪悪感を感じたり、絶対に辞めることが出来ないんじゃないかと絶望感を感じてしまい、自殺まで考えてしまうほどうつの状態に陥ってしまう人がいるのも事実。

しかし、そこで辞めても問題ありません。そこで活躍するのが今流行っている「退職代行」です。

無理をせず、本当に辞めたいなら退職代行を利用しましょう。

また、「今の会社の環境が悪すぎるだけで、介護職を辞める気はない。」という人は、無料転職支援付きの退職代行業者「SARABA」にお願いしてみるといいでしょう。

介護職自体は国が2019年から見直しの時期に入っているので、これからホワイトな企業が増えていくとは思うので、介護職自体に絶望を感じる必要は無いかもしれません。

例えば、介護事業所制度の認定ですね。
介護士の休暇時間の取得や労働時間の削減を考える方針です。

退職代行で今の会社を辞めた後、あなたに合った介護職の会社をチョイスしてくれますよ。