生命保険業界は元々、他の業界と比べると自分の力で退職することが大変難しい業界として有名です。

それには、

・ほかの業界とは全く異なるルールがある
・引き止めが激しい

これらの理由があります。

そんな時、役立つのが退職代行ですね。
特に辞めづらい保険会社で働く人たちにとっては、強い味方になることでしょう。

ということで今回は、退職代行業者に注意喚起されるであろう大切なポイントを、退職代行業者SARABAの情報の基、お伝えします。

即日退職を認めてもらえないケースがある!

生保会社は基本的に、即日退職を認めてもらえないケースがあります。

なぜなら、生保会社は退職から2週間以内に金融庁に廃業の届出をしないといけないからです。

よって、即日退職等は基本的に呑んでくれません。

ただし、退職代行を利用すれば、その2週間の期間、出勤しなくても辞めることが可能となっています。

具体的にいうと、直接出向くことは難しく、郵送を希望する旨が記載された要望書を作成し、会社に送ると言った形をとります。

生命保険会社は特にコンタクトを取りたがる!

某生命保険会社は、

・個人情報
・金融庁への届け出
・給与の精算

これらを理由にして、退職代行の依頼者とコンタクトを取り、引き止めに入ることがよくあります。

そこで大事なのは自分では電話に出ず、退職代行業者にどうすれば良いか?その都度聞くか、「連絡が何度も来る。」などというふうに業者にのみ伝えるだけにしておきましょう。

そうすれば、あとは退職代行業者が勝手に話を進めてくれます。

ただ、依頼者がおこなわなければならない大事なことは、「迅速な退職届の提出」です。

引き止めの激しい業界はなにかと難癖をつけて引き止めたり、損害賠償などを煽ってくる可能性が高いので、ややこしいことになるまえに、退職届を早めに送るのがベターです。

ちなみに、ひな形の退職届を添付している業者もあるので、退職届を書くのが面倒くさい、なんと書いたら良いか?イマイチ分からないという人は、こういった退職代行業者に依頼すると良いですね。

給与の支払い時期を確認しておく

生命保険会社を辞める場合は、給与の支払い時期が当月か翌月支払いかを確認しておく必要があります。

でないと退職するとき、「今月、給料を払ってもらってない!」などと言うように、混乱する可能性があります。

 

欠勤控除の確認をする

生命保険会社では欠勤控除がある場合、通常の雇用とは異なり、給与がマイナスになります。

例えば固定費が月20万円の場合、1日休むと固定費から1万円引かれると言ったようなものです。

詳しくは、会社の契約書を読むといいでしょう。

入社時などに保険業法に基づく保険募集人の届け出をしている場合は手続きが必要!

入社時などに、保険業法に基づく保険募集人の届け出をされている場合、退社の際に変更手続(廃業)が必要となります。

このように生保で働いていると、決まり事が多く何かと手続きが面倒なのです。

ただ、退職代行業者の指示に従えば、混乱せず、スムーズに辞めることができます。(ここで言う退職代行業者はSARABA)

まとめ

以上が生命保険の会社に勤めている方が退職代行を利用する際に気を付けるべきことでした。

もし、不安であるなら、生命保険会社であろうと多数の退職代行に成功しているSARABAにお願いしてみると良いでしょう。

29800円ポッキリと費用も比較的安価ですし、現在の時点で数千件以上以上の代行をこなしてきている業者なので、オススメです。