SES企業で働く人でも退職代行を利用する人は少なくありません。

特にSES契約を結んでいる人は、退職するのが難しいことが多いです。

実際、SES契約は雇用契約期間が定められていることがほとんどなので、退職したくても引き留められることがかなり多いです。

雇用期間の契約がある場合は、雇用期間の定めがあるということから、会社側も少しだけ有利になってしまい、即日退職が困難なケースがあるので退職代行業者も依頼を断るケースまで存在します。

しかし、退職代行SARABAEXITなら、SES契約を結んでいても即日退職可能という情報を得ました。

ということで今回は、SES企業に勤めている方、SES契約を結んでいる人が退職代行を利用する理由やその際の注意点などをお伝えいたします。

契約期間を理由に引き留められる

例えば会社に「残り1ヶ月で辞めたい。」というふうに退職の旨を伝えても、「SES契約のため、他社との契約上、会社に損害が出るからそれは無理。」と止められてしまい、いつ辞めさせてもらえるのか?分からないということがあります。

こんなことを言われると、会社に損害賠償を請求されるんじゃないのか?と不安になりますよね。

また、「今辞めるのなら、その穴をどうやって埋めるのかお客さんにお前から説明して欲しい。」などと言うように社長や上司から脅されてしまうこともあります。

しかし、退職代行業者に任せれば、そういった状況でも対処してくれるので、安心して退職することができます。

SESという働き方をしたくない

これは結構、SESで退職を考える人に多い理由ですね。

SESは客先常駐となるので、例えば

・通勤に時間がかかる
・スキルアップしづらい
・デスマーチが過酷

このようなデメリットがあります。

しかし、1年以内に退社したら自分の経歴に傷が付くのでは?というか辞めれないのでは?というふうに思い悩む人は少なくありません。

実力以上のことを要求される

SESはシステムエンジニアの派遣サービスなので、どのような仕事するか?は派遣先次第なのですが、派遣先とSES企業の関係の問題で実力以上の仕事を要求されてしまうことがあります。

例えばSES企業より派遣先の会社のほうが大きく、「これくらいのレベルの人間を派遣してくれ。出ないと、契約を切るか他の会社に任せる。」なんてことを言われることがあります。

そこでSES企業が考えだすのが、経歴詐称です。
「こいつはこれくらいできますよ。」とウソをつかれ、結果的に今の自分の実力では対応できないような仕事を任されることもあるのです。

そして、ブラックなSES企業は「今、ここで辞めるなら各部署に頭下げに連れまわすぞ。」と脅すわけですね。

損害賠償について

損害賠償が発生する可能性は、雇用形態が正社員か契約社員か?で異なります。

SES企業で働いていても、雇用形態が正社員だということはあるので、詳しく知りたい方は、自分の契約書を確認しなければなりません。

契約社員でも、この記事にもある通り、退職は労働者の権利ですし、やむを得ない事情があれば退職可能です。

また、退職代行に任せれば即日退職も可能です。

しかし、契約社員の場合は一応「契約期間の定め」があるので会社側が本気になれば、損害賠償を請求してくる可能性がありますが、ほぼ労働者が勝ちますし、そもそも割に合わないので請求してくることがありません。

ちなみに、退職代行SARABAは、SES契約を含む退職代行依頼を数千件以上こなしてきていますが、実際に損害賠償を請求された事例は一度もないそうです。

SES企業は雇用形態によっては退職代行の利用不可!

SES企業に勤めていると雇用形態が

・請負契約
・委任契約
・準委任契約(SES契約)

といった業務委託に当てはまることもあります。

これらの雇用形態だった場合は労働者には該当せず、「退職」ではなく「解除」ということになるので、退職代行業者が手を出すことができなくなる可能性があります。

結果、会社から電話が来た時は自分で退職の旨を伝えなければならないということが起こり得ます。

契約書をよく確認してみると業務委託として雇っていたということはあり得る話です。

そういった事態が不安な方は、弁護士が直接業務をおこなっている退職代行業者にお願いするといいでしょう。

弁護士なら、たとえ退職代行業者のサポート外であろうと対応してくれるので、安心して任せることができますよ。

とくに、損害賠償や研修費用の分割交渉なども弁護士なら対応してもらえるので、それらでお悩みの方は汐留パートナーズ法律事務所などの退職代行業者を利用してください。

まとめ

以上がSES企業で働く人が退職代行を使う理由やその際の注意点でした。

何かと辞めづらそうな業種ですが、退職代行を利用すれば大丈夫です。

ただし、業務委託である請負契約、委任契約、準委任契約などといった労働者として当てはまらない雇用形態は、汐留パートナーズ法律事務所のような弁護士が業務している退職代行業者に相談するほうが無難です。

もう限界だという方は、退職代行を利用してください。
SES企業は辞めたいけど、プログラマーやエンジニアとしての仕事はしたいと言う人は、無料転職支援付きの退職代行業者であるSARABAを利用するといいでしょう。

退職を代行してくれるうえに、タダで転職支援してもらえますよ。