IT業界で働く人たちも、退職代行を利用することはあります。

特にプログラマーやエンジニアは人手不足なので、大変なことで知られています。

だからこそ需要があるとも言えますが、キツすぎると続けることができませんよね。

ということで今回は、プログラマーやエンジニアの方々が退職代行を利用する理由などをお伝えいたします。

プログラマーが退職代行を使う理由

精神的に辛い

プログラマーと言えば、ほぼ全ての業務がパソコンを用いた作業となります。

なので身体的にと言うよりも、精神的に辛くなることの方が多いようです。

もちろん、目や肩が疲れるので身体的にキツイと言うこともたくさんありますが、それ以上にプログラミング自体が向いてないと思う方や人間関係がキツイと思う方は、精神的に辛いということで退職していきます。

新しい言語を覚えたい

プログラマー独特の退職理由ですね。

例えば、COBOLなどと言った1950年代に開発されたようないつまでも古い言語を用いた方法で働かされていて、「このままで大丈夫なのか?新しい言語を覚えたいのに。」と感じる方は少なくありません。

そもそもプログラミングが苦手

プログラマーとして働いては見たものの、ミスは多いし、そもそも全然好きじゃないって方は案外多いです。

当時は「石の上にも三年だしな。」などと考えるものですが、向いてないものを無理矢理続けると、薬を飲むハメになったり、なんのために生きてるか分からないなんていう状況にもなり得ます。

周りと年齢が離れすぎている

周りと年齢が離れすぎていると、話題から価値観まで何も合わなくなるということがよくあります。

このような現象がプログラマーの職場ではしばしば起こります。

エンジニアが退職代行を利用する理由

SES企業だから

SESは人材派遣系のIT企業なわけですが、この点にストレスを感じる人も少なくありません。

SES企業での仕事は客先常駐となるので、クライアントの機嫌を伺いながら業務をしないとなりません。

また、炎上案件を任せられることや経歴を盛ってキツイ仕事をしなければならないことが多いので、SES企業で働くのを苦痛に感じる人も多いようですね。

SESの退職代行についてはこちら↓

【IT業界の闇】SES企業で働く人が退職代行を利用する場合の注意点!

今後やっていける気がしない

エンジニアの仕事はかなり難しく、どうしても向き不向きが存在します。

例えば、研修の時点で仕事についていけずプレッシャーを感じ、「辞めたい。」と感じる方は少なくありません。

特に同時期に働きはじめた周りの人と比べた場合などに、「なんで周りの人は出来ているのに、自分は出来ていないんだろう。」と、自分だけが取り残された気分になり、完全に自信を喪失してしまう人も多い世界です。

自分の能力の低さに対して会社に貢献出来ておらず、会社にこれ以上迷惑を掛けたくなくて給料や残業代を貰うのが申し訳ないとまで感じる方もいらっしゃいます。

しまいには、パソコンを打っている音を聞くだけで頭が痛くなるというトラウマまで植え付けられてしまう方もいらっしゃるようです。

自分のやりたいことと違った

これもエンジニアによくある退職理由ですね。

例えば、エンジニアと一口に言っても、大きく分けても開発系、インフラ系、IT関連職などというふうにカテゴリーが分かれていますし、その中でもアプリケーションエンジニア、セキュリティ、製品開発その他たくさんの職種が存在します。

ここで「俺は品質管理なんてしたいんじゃなく、製品を開発したいんだよ。」と、自分のやりたいことがしたくなることもあります。

自分のやりたく無い仕事を行うことはまさに虚無の作業をしていると言っても過言ではないようですね。

しかしながら、このようなポジティブな退職理由であっても、IT業界に存在する人手不足問題がきっかけとなり、強い引き止めにあうことがあります。

結果、やりたくないことを続けるハメになり、最悪、自律神経系失調症を患い、ひどいめまいや吐き気、頭痛、喉の締め付けなどを感じて退職代行を利用するという方もいらっしゃるようですね。

転職が決まった

転職が決まっても、退職の手続きを済ましてないということから退職代行を利用する人も案外多いです。

はたから見れば「自分でやめればいいのに。」と思うかもしれませんが、やはり人手不足などなら強引に引き止められたり同僚からの泣き落としがあるため、辞めるに辞められないと言った状況がズルズルと続くみたいですね。

まとめ

以上がプログラマーやエンジニアの方が退職代行を利用する理由でした。

「自分も上記の理由に当てはまっている。」という方は、トラウマや社会不安障害などにならないよう、退職代行を利用するのも1つの手です。

ただ、プログラミング系のお仕事はこれからどんどん需要が増えていきます。

人手不足はもちろん、国が授業内容に組み込むなどして力を入れていくジャンルですし、プログラミングスクールも乱立している状態です。

さらにプログラマーやエンジニアは、普及しているクラウドソーシングを利用して自分の技術を売ることもできるので、フリーで稼ぐこともできます。

なので、プログラミング系のお仕事経験がある方や興味のある方は、食いっぱぐれないという観点から見ると圧倒的に有利ですね。

「プログラマー、エンジニアは辞める気はないけど、今の会社が気にくわない。」と言う人は、無料転職支援付きの退職代行業者SARABAなどを利用すると良いですね。

あなたに合ったIT企業をタダで数社ほど紹介してくれるうえに、退職まで代行してくれるので、便利ですよ。

退職代行サービス「SARABA」

 

⇒SARABAの公式ページ

⇒SARABAを詳しく知る