あのホリエモン(堀江貴文)が退職代行について、モノ申していたのでこれに関してシェアしておこうかと思います。

https://newspicks.com/live-movie/395

パワハラについて

ホリエモン「パワハラとか言い出したらキリなくないですか?(笑)

労力はともかくとして、ハラスメントは定量的な基準がないので、どこまででもエスカレートしちゃうんじゃないですか?

ホリエモンの横にいる男「証明するのが難しいので今、みんなテープなどで録音する部下が増えてるらしいんですけど。」

ホリエモンの横にいる女「私も上司と話すときは絶対に録音するようにしてます。」

ホリエモン「俺そんなの絶対にやらないな~。そんなの絶対に雇いたくない。

それをやればやるほど、企業は雇用を減らしていくと思いますよ。だから僕雇ってないでしょ。

例えばロケットの会社みたいに、皆で一丸でみたいな状況だと良いんですけど、普通の会社だとモチベーションや仕事に対しての思い入れとか違うので、そういう人たちは僕は雇いたくないですね。めんどくせーもん。

なんだってハラスメントにしちゃうじゃないですか。お前そんな面倒くさいこと言うなら来なくていいよって思うね。」

横にいる女「堀江さんはパワハラで何か問題になったことはないんですか?」

ホリエモン「僕、捕まったじゃないですか?そのときマスコミにめちゃくちゃ叩かれたんですけど、他の人にも感じ悪かったですよって言われましたが、社員からは、堀江さんのことをテレビで良いように言ったんですけど、全然使われませんでした。

みたいに言われて、それ考えると、あの会社いてすごく嫌だったってことはありませんでしたね。

だからハラスメントって、受ける人たちの主観的な見方なので、採用の時に決まっちゃうんだと思いますよ。

熱狂的な状況だと、皆が一丸になりますけど、安定している時だとダメなので僕は雇いたくないですね。

僕がバイトしてるときは上司に歯向かいましたよ。
だって、上司は部下に歯向かわれたら、めんどくせーもん。」

退職代行について

ホリエモン「もう、意味が分からない。自分でやりゃいいじゃん。」

横にいる女「私の周りでも、上司に電話するだけでも手の震えが止まらなくてかけれないとか、会社に退職届だすのもお腹が痛くなって出せないとか。」

ホリエモン「もう、意味が分からない。」

女「でも、5万円ですぐ会社を辞めれるなら、煩わしくないですしコスパ良くて良いと思うんですけど。」

ホリエモン「別に何も言わず辞めればいいじゃん。同僚とかに辞めれるって伝えればいいじゃん。特にバイトなんて何も気にしないでいいよ。5万円もはらって、バカだね(笑)」

女「私は退職代行を使う人の気持ちが分かりますね、引継ぎとかどうしようとか。」

ホリエモン「皆、歯車なんだから気にしないでいいよ。みんなそんなことばっかり考えてるんだね。

まあ、俺はこういう風に考えてしまうから。俺はこういう仕事、ニーズがあるって分かっててもしたくねえな。」

男「けど、退職代行の社長はご自身も上司から怒鳴られたりして嫌な思いをした経験からこういったサービスを思いついたと言ってましたよ。」

ホリエモン「あぁ、そうなんだ。でもみんな、メンタル弱すぎでしょ。日本人は昔からメンタル弱いみたいですね。僕の周りではメンタル強い人ばっかりで、こういう人がいることに気づきませんでしたよ。

この前も受験の企画で3人呼びましたけど、2人は泣いてましたよ。東大に入っている人は超天才か、メンタル強い人。

世の中で成功してる人ってメンタル強いですよね。」

まとめ

以上が退職代行に対してのホリエモンの意見でした。
あなたはどう思ったでしょうか?個人的には、「ホリエモンは強すぎる。」と思いましたね。

私からすれば、ホリエモンは別格で、もはや人間の域を超えています。現に、ホリエモンのような人間って、ごく一部ですよね。

頭も良くて、メンタルも強いですし、ロケットを飛ばす計画まで立てました。こんな人間って、なかなかいませんし、出来すぎててちょっと怖いです・・・。

なので、今回の件に関してはホリエモンの意見は全く参考にならないなと感じました(笑)

横の女性も退職代行については納得していましたし、全ての人が起業家になったり、東大目指す必要は無いので、精神的におかしくなりそうな状況まで陥っているのなら、私は退職代行はアリだと思います。

退職代行サービス「SARABA」

「SARABA」は、28000円ポッキリで依頼することが出来る退職代行サービスです。

公式ページからLINE、もしくは電話・メールで連絡すれば即対応してもらえます。

他にも

・全額返金保証付き
・有給休暇消化の連絡
・行政書士が電話対応
・24時間年中無休

などの強みがあります。

退職代行サービスを利用したい方は、「SARABA」にお願いしてみましょう。

 

⇒SARABAの公式ページ

⇒SARABAを詳しく知る