自分の住んでいるところが沖縄や北海道だと、退職代行サービスを利用することができるのか?心配になりますよね。

結論から言うと、退職代行サービスは全国に対応しているので、沖縄や北海道に住んでいても、利用することができます。

今回はその点についてお伝えします。

退職代行サービスの仕事は電話で退職の旨を伝えること

退職代行業者は、あなたの代わりに電話で退職の旨を伝えてくれます。

他には、

・郵送物や返却物などの手続き
・上司や人事部との電話・メールでのやり取り
・退職届や内容証明の確認
・会社側が直接、依頼主の自宅に訪問した場合などの対処方法などのアドバイス

これらのようなことをしてもらえます。

以上のことは、電話やネットを利用して退職の旨を伝えるわけですから、全国どこに住んでいても対応可能というわけですね。

退職代行サービスは弁護士よりも費用が安く、対応が早い

例えば弁護士だと、直接、出迎えることになるので、近くの弁護士事務所を探さないといけません。

さらに弁護士は動いてくれるまでに時間がかかるうえに、費用が少し高くなります。

また、会社側がややこしいと、追加料金としてどんどん取られるので、費用がかさみます。

弁護士はブラック企業から残業代を勝ち取りたい時などは心強いですが、単に退職したいだけの時は小回りが利きません。

その点、退職代行は全国どこでもすぐに対応してくれますし、3万〜5万程度で退職させてくれるので、便利です。

即対応を求めるならSARABA

基本的に、退職代行サービスは対応が早いですが、入金確認が出来てからの対応になるので、土日祝を跨ぐと、数日待たなくてはならなくなってしまいます。

「今すぐ会社を辞めたい。」と思っている人が退職代行を利用するわけですから、数日も待ってられませんよね。

そんな時は、退職代行サービス「SARABA」を利用するといいと思います。

SARABAは、入金するときの振込用紙をLINEで送った時点から即対応してくれます。

まとめ

以上が、退職代行サービスが全国に対応している理由です。

弁護士だと、その地域の弁護士を見つけないといけないので多少時間がかかりますが、退職代行サービスなら即日退職が可能となります。

一刻も早く退職したい人は、退職代行サービスを利用しましょう。

退職代行サービス「SARABA」

 

⇒SARABAの公式ページ

⇒SARABAを詳しく知る