公式ページ https://jobs1.jp
公式Twitterアカウント https://twitter.com/jobs1project
費用 29800円
営業時間 24時間
返金保証 有り(全額)
顧問弁護士 有り
クレジットカード 対応
相談料 無料
スタッフ人数 不明
相談方法 LINE・メール・電話
転職相談 有り

退職代行Jobsとは

退職代行Jobsは、数ある退職代行業者の中の1つです。

今回はそんな、退職代行Jobsの情報や特徴をお伝えいたします。

顧問弁護士監修退職届テンプレート付き

退職代行Jobsを利用すれば、無料で退職届テンプレートが付いてきます。

自分で退職届の用紙を入手するのが面倒という人にはラクで良いですね。

業務引継書テンプレート付き

退職の際、退職届の次に必要なのが引継書です。

特に退職の際に引継作業が必要な方は、この引継書が必要となるわけですが、退職代行Jobsを利用すれば、業務引継書テンプレートが無料配布されます。

なので、自分で引継用紙を作成する手間が省けます。

顧問弁護士 西前啓子さんによるWebセミナー付き

退職代行Jobsには、顧問弁護士である西前啓子さんの「次の人生を贈るWebセミナー」が無料でついてきます。

どんな内容なのか?は、ある程度、動画に上がっているので、興味のある方はごらん下さい。

転職支援付き

退職代行Jobsなら、退職代行だけでなく、転職や求人の支援もおこなってもらえます。

相談は全て無料

事前相談についても無料で何度でも対応してもらえます。

また、お申し込み後の、有給取得相談、貸与物の剣客相談、退職届の書き方や郵送方法等の相談もすべて無料です。

口コミ・評判

現在、退職代行Jobsの口コミや評判はありません。

退職代行Jobsの使い方

1.退職代行Jobs公式ページに飛びます。

2.LINEなどで「退職代行を任せたいです。」などというふうに相談します。

このあと、Jobsからすぐに連絡がくるので、待機しておきましょう。

⇒退職代行Jobs公式ページ

退職代行Jobsに色々聞いてみた!

非弁リスクはないの?

退職代行Jobsさん退職代行Jobsさん

Jobsでは、顧問弁護士による指導が徹底されています。
弁護士本人が対応しないことで、代行業者のサービス面(低価格、24時間対応など)の充実を維持しつつ、他の代行業者より安心できて心強い点が魅力です。
また、顧問弁護士が氏名を公表して指導に当たるのは業界初です。

他にも顧問弁護士の監督指導を掲げている業者はありますが、「顧問の顔」が見えないため、信ぴょう性などに不安を感じている方も多いはずです。

管理人管理人

言われてみれば、確かに顧問弁護士の名前を公表している退職代行業者って無いですね・・・。

顧問弁護士の経歴は?

退職代行Jobsさん退職代行Jobsさん

顧問は独特の経歴を持っており、最初の職場(法律事務所勤務)を1年経たず辞めています。退職して新しい人生を踏み出すことに理解があり、またそういう方を応援したいと考えています。

また、カウンセラーの資格を有しており、現在、退職代行利用者へのカウンセリング無料特典の実施に向けて準備中です。
現在のところ、コーチングの技術を活用した、Webセミナー(2回)をLINE登録者全員に無料提供しています。

交渉もしてもらえるの?

退職代行Jobsさん退職代行Jobsさん

顧問弁護士はついているものの、交渉案件はNGです。

また、Jobsから顧問への顧客紹介もNGなため、交渉案件に発展した場合は、他の対応可能な弁護士を紹介します。
少し物足りなさを感じるかもしれませんが、サービスの質や価格のバランス等を考慮して現在の体制で対応しています。

なお、ご本人の希望をお伝えすることは代行業者でも可能なわけですから、「有給取得希望」などは、事前にヒアリングをさせていただき、ご本に希望として会社へお伝えしています。

この場合、会話が一方通行の会話で終わることは少なく、会社のキャッチボールが始まることも想定されますが、依頼者の意思の確認なく、キャッチボールを始めてしまうと、非弁行為の疑いが強くなります。

Jobsでは、あらかじめ想定される会社の回答パターンを読んで、依頼者の意思をケースバイケースで事前確認しておくことで、非弁行為を回避しつつ、依頼者の意思を簡潔に伝えるテクニックを駆使しています。

管理人管理人

つまり、非弁行為にあたりそうなグレーな対応はしないってことですね?

退職代行Jobsさん退職代行Jobsさん

はい、そうですね。
代行業者の中にはグレーなやり取りをしているような様子がうかがえる場合があり、 LINE画面のWeb掲載や会社との再現トークをみたときに、「あれ、これって交渉に該当しないのかな」と感じる場面があります。

仮に非弁行為と認定された場合、代行業者だけでなく、依頼者も罰せられますので、最大限の注意が必要です。
その点の指導が完全に行き届いています。

深夜早朝も対応してもらえるの?

退職代行Jobsさん退職代行Jobsさん

深夜帯は自動応答のみとなっていますが、緊急案件は電話で対応するオンコール方式を採用しています。

オンコールとは、病院などの医療施設で採用されている勤務体系のひとつで、急患時の対応担当として待機することです。
当直が病院内に拘束されるのに対し、オンコールの場合は自宅などの病院外にいて即時対応するスタイルです。

決済方法は?

退職代行Jobsさん退職代行Jobsさん

クレジットカードはオンライン決済に対応しています。

「クレジットカード利用希望の際は別途お問い合わせください」としている代行業者は、カード情報の代理入力方式(電話でカード情報を聞き取って対応する方法)を採用しているケースが多いと思われますが、オンライン決済の場合、カード情報はJobsを通過せず、決済会社と直接やり取りしますから、セキュリティ面でも安心です。

お振込みの場合は、振込控えの写真を送っていただくことで即時対応します。

paidy(ペイディ)は、メールアドレスと電話場番号で決済でき、なおかつ後払いが可能です。また、分割払いにも対応しています。

paidy(ペイディ):https://paidy.com/

転職サポートについて詳しく教えてください

退職代行Jobsさん退職代行Jobsさん

現在、サポート体制を構築するため、複数の転職サイト運営会社と話を進めています。

現時点では、Web上で一般的に検索できる転職・求人サイトの一覧をプレゼントしています。
自分で探すのは意外と大変なものです。

Jobsでは、約20社のURL一覧をプレゼントしていますので、自分にあったサイトを探してスムーズに活動をすることが可能です。

返金保証についてどう思いますか?

退職代行Jobsさん退職代行Jobsさん

退職できないということは法律上ないですし、失敗したからといって今まで通りの会社に居続けることは難しいと思いますが、「もし失敗したらお金は」ということを考える方のために設けています。

マイナス要素があるとすれば何ですか?

退職代行Jobsさん退職代行Jobsさん

ローンチ直後で現時点では多くの実績や実績の裏付けとなる口コミなどがない状況です。
メディア掲載もプレスリリース以外ありません。

サービスサイトとしての歴史が浅いのがウィークポイントです。

ただ、顧問弁護士が顔出し+実名を上げているので、安心して依頼できることが他社との大きな違いです。

まとめ

以上が退職代行Jobsの情報でした。

退職代行にかかる費用が29800円と業界最安値なのと、退職届や引継書テンプレート付きといったところから、ある程度使いやすい退職代行サービスだと思います。
また、顧問弁護士が顔を出していますし、実名を公表しているので、安心して依頼することが出来ると言うのがJobsの最大のメリットですね。

ほかの業者が気に入らない方は、退職代行Jobsを利用しましょう。

⇒退職代行Jobs公式ページ